男性

社会的にも問題視されているうつ病!その症状と対象方法をご紹介

悪化させないために

医療

気をつける事

うつ病は現在多くの人が悩まされている大きな社会問題となっている病気です。特に女性の場合、10人に1人はうつ病で実際に苦しんでいる、または以前に苦しんだ経験があると言われています、うつ病は別名こころの風邪と呼ばれている誰もが発症する可能性がある身近な病気です。しかしながら風邪のように簡単に考えてよい病気ではありません。うつ病の治療は長期化することがとても多いです、その理由としては治療をしたからといって決してずっとよくなっていくわけではないからです。うつ病は治療をしっかり受けていたとしてもちょっとしたことで症状が悪化する病気です。病気が悪化する原因を知り、あらかじめ対策を練れば病気を克服しやすくなるのではないでしょうか。うつ病は性格によって発症しやすさが大きく左右されます、真面目で責任感が強い性格の人は特にこの病気を発症する可能性が高いです。また、この性格の人はこの病気を悪化させる要素がとても多いのです。まずうつ病を治療するためには心と体の十分西洋画必要です。場合によっては学校や会社を長期的に休むことも必要です。ところが真面目で責任感が強い性格の人は自分が休んだりすると周りに迷惑をかけると感じ、精神的に限界なのに無理をして会社や学校に通い続けます。精神が限界にきているなかで会社や学校に通い続けては病気が悪化することは明白です。そして、自分に限界を感じ休みをもらったとしても、すぐに復帰しようと考える為、病院で治療を受けてちょっと精神的に安定し始めた時点で復帰してしまいます。しかし、実は回復し始めたときが一番悪化しやすい時でもあるので、この状態でまた鬱病を再発すると以前よりも症状が深刻になる可能性がとても高いです。悪化を避けるには本人が十分な休息が必要であることを自覚するのが大切です。そして周りがゆっくり休んでも良いことを教えてあげると良いでしょう。治療をする際は担当の医師の指示に従い、じっくり腰を据えて治療するようにした方が結果的に病気の再発や悪化を防ぐことが出来て早期の治療につながります。不規則な日常生活も悪化する大きな原因の一つです。病気によって会社や学校を休むと自由な時間がたくさんできます。基本的には好きなことをして過ごしても良いのですが、規則正しい生活を送るように心がけましょう。食事は三食決められた時間に食べること、そして睡眠時間は十分に取るようにしましょう。気分が良い時は散歩程度で良いので外出することもとても有効です。