男性

社会的にも問題視されているうつ病!その症状と対象方法をご紹介

早期発見で治療を行う

ウーマン

外来や入院費の目安

うつ病の外来診療や入院診療にかかる費用は、その治療内容によっても変わりますし、また、各医療機関によっても異なりますが、健康保険で負担額も軽減できます。うつ病の初診の外来診療の例として、おおむね1万円台となり、保険により3割負担となれば3千円程度を目安とし、医療機関に足を運ぶのがよいでしょう。通院となれば、精神療法が主に行われるものの、あくまでも内科である心療内科は治療法も異なるため、治療に専念するには精神科を受診します。内科では、重症のうつ病などの精神病は扱っていないものの、症状が軽い場合に限って診察を行ってくれたり、中には、症状が重くなる前に精神科を紹介する診療科としての魅力もあります。精神症状よりも、身体症状の方が強く出る場合に、心療内科を訪れるのもよいでしょうが、ファーストコンタクトを取るにも適していることが言えます。うつ病と診断されれば、今後の治療方針や具体的な治療法に関して説明がされ、必要であれば飲み方や作用、副作用について説明された後、内服薬が処方されます。調剤情報提供料や調剤料、処方料なども薬物療法においては必要な診療費で、特に、抗うつ薬は脳内の機能的不調を改善するために出される薬です。また、定期的に通院して、抗うつ剤をきちんと飲み、休養を十分にとっていれば早い回復が期待できますが、軽症による初診ではないケースも現実問題として少なくありません。医師による判断、明らかに中度から重度となるケースをはじめ、十分な休養を取ってもらいたい患者に対しては、入院診療も行われています。うつ病の入院診療費の相場は、10日間で10万程度で、その内訳の半額を占めるのは入院基本料となりますが、保険適用の3割を目安とします。また、血液検査や肝機能検査一式など、検査料も発生しますが、正確に診断するのは専門医でも難しく、患者さんの症状の訴えによっても必要となる検査は異なります。特に、大病院などで導入されているのは光トポグラフィー検査で、うつ病を客観的に鑑別できることや、問診による診断名との一致率が高いことからも活用されています。こうした最新の検査機器を導入している医療機関は、専門病棟同様、まだまだ多くはないものの、保険適用となったことで、こうした検査を受ける患者数は増加傾向です。入院時にも、薬の調節が図られ、抗うつ剤や睡眠薬、頓服薬などが処方されますし、栄養面を含めて、身体が衰弱していれば点滴注射も行われます。また、診療費とは別に、入院時には食事療養費も加わり、栄養士によるバランスの取れた献立で出される魅力もあり、1日につき800円前後が相場です。