あなたの身近な心のお医者さん

社会的にも問題視されているうつ病!その症状と対象方法をご紹介

医療

悪化させないために

うつ病はこころの風邪といわれるほど、身近な心の病気ですが、その一方で一度かかるとなかなか治らない病気です。特に治療中は焦らないことが重要です、焦って治療を途中でやめると間違いなく病気は悪化します。心と体をゆっくり休ませましょう。

もっと見る

ウーマン

早期発見で治療を行う

うつ病の治療と一口に言っても、検査費は医療機器によっても異なり、外来や入院によっても費用には差があります。相場を知り、受診することは大切ですが、何よりも近場でも良いので、医療機関に相談に訪れることが早期治療に繋がる利点です。

もっと見る

基礎知識を学ぶ

看護師

病気に対する心構え

うつ病は現在大きな差や胃問題となっている病気の一つです。現在うつ病を治療している人数は国が把握しているだけでも数百万人といわれています。ところが実際に苦しんでいる人の数はそんな程度ではありません。ある調査機関によるとうつ病によって苦しんでいる人、または過去に苦しんでいた人は日本人全体の10人に1人と言われています。ですから自分が普段接している人の中にうつ病で苦しんでいる人が含まれている可能性が十分ありますし、自分自身もうつ病を発症する可能性も十分あります。決して他人事で済ますことが出来ない病気です。基礎知識を知っておいて決して損はありません。まず、うつ病はこころの病気ですが、病気を発症する前兆として、身体的な変化が現れることが多いです。実際に病気を発症する前に夜眠れなくなったり、眠っても夜中に何度も起きてしまうなど、いわゆる睡眠障害を引き起こすことがとても多いです。これは脳が常に何かを考えていて不安になっていたり緊張していたりするため、リラックスしている状態になれないからです。睡眠障害が続くようであれば明らかに精神的にダメージが蓄積されています。早めに対策をとった方が良いでしょう。また常に不安や気持ちの落ち込みが続くと食べることに関して関心を示さなくなります。食欲が出なくなるのもまたうつ病を発症する前に現れる身体的異変です。うつ病は今でこそ大きな問題となっていますが、昔からある病気です、ただ以前はある程度年齢を重ねた人で社会的立場にある人が仕事による疲れからか発症する場合がほとんどでした。しかし現在は以前とは社会の仕組みなどが大きく様変わりしました。便利になる一方でストレスを感じる機会がとても多くなっています、ストレスを感じるのは成人だけではありません。現代はむしろ社会に出ていない若い男女の中にうつ病を発症する人がとても多くなっています。学校という場所はある意味社会よりも協調性を求められるので、人によってはとても辛い場所になっています。このように現代社会では老若男女問わず、誰もがいつこころの病気を発症してもおかしくないような社会になっている事を自覚しましょう。うつ病に苦しめられないためには日常生活で受けるストレスが多いという事を自覚し、自分なりにストレスを受け流す方法を知ることが重要です。例えば些細なミスは誰にでもあるものです。他の人が十分カバーできる程度のミスであれば、そこまで大きく責任を感じないようにすることも、ストレスを感じないようにする一つの方法です。ストレスとの付き合い方を知ることで発症する確率は格段に低くなります。

女性

心構えが重要

うつ病はとても悪化しやすい病気なので、とにかく早めの対策が必要です。まず、長期的に気持ちの落ち込みが続く場合は自分の精神が大きなダメージを受けていることを自覚しましょう。早めに病院に行ったり、親しい友人に話すなどするととても楽になります。

もっと見る

ハート

心の病は改善します

ストレスが多い現代社会では、うつ病等の心の病を患う人が大勢います。うつ病は精神科や心療内科等の専門医による適切な治療を受ける事で治す事が可能です。薬物療法や心理療法、カウンセリングを組み合わせ、それぞれの症状に応じた治療が受けられます。

もっと見る